だちあかん〜祖父へのオマージュ

拝啓、宗太郎おじいちゃんへ、

天国で、お元気ですか?

おばあちゃんと仲良くしていますか?

いつも私たちを見守っていてくださり、ありがとう。

私は、ちゃんと生きられていますか?

おじいちゃんを笑顔にできる生き方をしているでしょうか?

5月になると、いつもおじいちゃんを思い出します。

今夜は、おじいちゃんの故郷の石川のお酒を飲みながら、

おじいちゃんへの追悼詩集《だちあかん》を読みながら泣いています。

おじいちゃんのおもかげ、みんなのおじいちゃんへの愛がいっぱいにつまった詩集。

 

一生懸命に絵を描いた人

一生懸命に妻を看病した人

一生懸命に生きた人

繊細で優しく、風来坊で、熱血で、最後まで創作意欲を失わなかった万年青年

 

もっと一緒にいたかったな。

もっとたくさん思い出をつくりたかった。

人の命に永遠はない。

いつかはみんな一人で旅立ってゆく。

おじいちゃんの残してくれた心を、

私のうちに、大切に、

残された命を、大切に生きてゆきます。

おじいちゃん、大好き。

ありがとう。

みちこ

 

。.。・.。*゜+。。.。・.。*゜+。。.。・.。*゜。.。・.。*゜+。。.。・.。*゜+。。

 

人の死は宇宙への回帰である

微粒子となって広大な自然の中に

溶けこむことだ

人間のなまぐさい俗念や

卑しくあわれな肉体から開放されて

永遠に光の中に溶けこむことだ

輝ける微粒子

燦々とふりそそぐ光

さわやかにふく風

その中にきっと兄はいる

(祖父の弟、森本仁平さん)